人気ブログランキング |

尼崎革新懇(平和と民主主義・革新統一をすすめる尼崎の会)


新しい日本を展望する運動
by amakakusinn

南海トラフ巨大地震の津波浸水想定問題で県防災計画課と懇談する

 兵庫県は昨年12月24日に、南海トラフ巨大地震津波浸水の想定を発表しました。この想定では尼崎市内は20%が浸水し、津波の水深は1~2メートルとなっています。昨年8月の大阪府の発表では、尼崎の隣の大阪市西淀川区は,区内全域が浸水し水深は3~4メートルとなっています。
尼崎ゼロメートル地域津波防災研究会の代表8人が1月28日(火)午後、兵庫県防災計画課と懇談、防災計画課からは高見隆課長ら4人が対応しました。高見課長は「耐震チェックはチャート式簡易型計算手法を使い、堤防の構造と地盤種別を入れて、計算している」「大阪府は独自の地盤データを用いて計算している」と述べるに留まり、西淀川区との違いを明確に説明できませんでした。参加者は「一昨年の国の想定では、尼崎市内のほぼ全域が浸水するとなっている、この違い、また隣の西淀川区との違いに市民は納得していない。きっちりした説明が必要だ」と訴えました。
a0246997_21521539.jpg





申し入れ懇談を行う参加者

by amakakusinn | 2014-02-15 21:52 | 大震災・原発問題
<< 首相官邸前に呼応して行っている... 津波防災研究会公開講座が開かれる >>