尼崎革新懇(平和と民主主義・革新統一をすすめる尼崎の会)


新しい日本を展望する運動
by amakakusinn
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日の丸問題緊急学習会をひらく

大阪の橋下政治を兵庫・尼崎へ持ち込ませるなと、「日の丸問題緊急学習会」が5月12日(土)夜、尼崎労働福祉会館で開かれ、市民30人が参加しました。この学習会は尼崎市日の丸掲揚条例制定を阻止しようと結成された「日の丸問題を考える会」が開いたものです。
市議会総務消防委員会で2回、継続審査
今年2月、尼崎市議会の自民党会派の新政会が突然、市役所、学校、保育所などすべての市の公共施設や式典行事、議場に日の丸旗掲揚を義務づける条例を提出しました。これまで市議会総務消防委員会で2回審議されてきましたが、継続審査となっています。
条例の真の対象は一般市民都子どもa0246997_1122125.jpg
学習会で、自由法曹団の松山秀樹弁護士は、大阪府の日の丸条例と比較しながら、憲法や国歌・国旗法、教育基本法との関係を説明、「この条例の対象は、公務員ではなく、市民特に子どもである。日の丸掲揚を義務化すべきではなく、また愛国心の内容を条例で決めるべきではない」と報告。a0246997_8165516.jpg
憲法と対峙しわかりやすい主張が
総務消防副委員長の日本共産党早川進市議はこれまでの街頭宣伝や審議を振り返って、「橋下流の訴えに共感する市民が多い中で本質が隠されている。憲法を軽視する政治ときちんと対峙したわかりやすい主張が必要だ」と述べました。
6月議会で必ず否決をさせよう
最後に、日本共産党尼崎地区委員会の川崎敏美・児童福祉責任者が「この条例の次に待っているのは国歌そして市民生活切り捨ての政治だ。条例修正の動きもあるが、6月議会で必ず否決させよう」と行動提起をしました。
a0246997_1122279.jpg







真剣に報告を聞く参加者
[PR]

by amakakusinn | 2012-05-14 10:19 | 平和問題
<< 原発なくす尼崎連絡会準備会の会... 尼崎革新懇事務局会議をひらく >>