尼崎革新懇(平和と民主主義・革新統一をすすめる尼崎の会)


新しい日本を展望する運動
by amakakusinn
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日の丸掲揚を強制する条例をやめさせようと宣伝を行う

尼崎市議会に日の丸掲揚を義務づける条例案が提出されています。この条例制定に反対する宣伝行動が、3月28日(水)は阪急塚口駅前、29日はJR尼崎駅北で夕方行われました。
600枚のビラを配布し、72人から署名が寄せられる
この宣伝行動は「日の丸問題を考える会」(準備会)が行ったもので、両日で延べ50人が参加し、ビラ600枚を配布、72人から署名が寄せられました。
どのような態度をとるかは個人の良心の問題
参加者は、「日の丸は、かつて侵略戦争のシンボルであっただけに、どのような態度をとるかは、個人の良心の問題、日の丸掲揚という特定の態度を市民に義務ずけるべきではない」と訴えました。
掲揚を強制すべきではない
通りかかった中年の元自衛隊員は、「自衛隊では毎日、日の丸を掲揚してきたが、これは自衛隊の中だけでよく、一般市民に強制すべきではない。政治家がやるべきことは日の丸掲揚の条例ではなく、仕事をつくることだ」語りながら署名に応じていました。






日の丸掲揚を強制するなと訴える参加者
[PR]

by amakakusinn | 2012-03-30 09:29 | 平和問題
<< 日の丸問題を考える会をひらく 原発なくす尼崎連絡会準備会をひらく >>